FC2ブログ





可愛い妻が、他の男に口説かれています。 いつかは口説き落とされてしまうのでしょうか? ドキドキしつつコッソリ様子を覗き見ている私の観察日記です。 (注:書き手のテンション維持のため、場の雰囲気を壊すコメントはどんどん削除します。あしからずご了承ください)



プロフィール

まーじ

Author:まーじ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妻に浮気をさせたい理由
記事を新しくします。
観察日記とは別に、ちょっと真面目(?)な考察をしてみようと思います。
何故私は、妻が他の男に抱かれているところがみたいのか、という話です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


妻の婚外性交経験は?
私の妻に、結婚後の浮気経験はあるのか、無いのか?

妻の性体験
<妻の、過去の性体験>

私の妻の、これまでの性体験を、わかる範囲で書きます。
白状していないこともたくさんありそうですが。

(誰か、白状させるいい方法を教えてください)


妻のプロフィール
妻の紹介です。

パチヤンさんのリクエストにより、妻のプロフィールを紹介します。

念のため、お断りしておきますが、万が一にも本人が特定できないよう、若干の工夫があります。
嘘ではないですが、本質的でないところはわずかに変えてあります。
個人が特定されると困るので、ご理解ください。
ただし、重要な事実はきちんと押さえています。
たとえば、29歳とは少し違うかもしれませんが、23歳でも35歳でもありません。

ということで、改めて妻をご紹介します。

<夫婦の現在の状況>
結婚3年目の、29歳です。
同じ会社で知り合いました。
家のローンや育児資金を貯めるため、結婚退職後も派遣社員をやってます。

子供は、いません。

<風貌>
背格好は、全体に小柄・コンパクトです。
身長152、BWHは、85-60-85ぐらいと思って下さい。
身長はやや低めですが、顔が小さく細身なので、遠目にはかえって長身に見える感じです。
胸も腰もボリューム自体は大きくはないですが、
体が小さいために、「出るところはしっかり出ている」感じです。
特に、乳房はなかなか見事で、谷間も深く、いい形だと思います。
手足は長くて、細身のジーンズがピッタリくる感じです。

誰に似ているかというと、
一緒の会社にいるときは、タレントの「優香」さんに似ていると言われてました。
その頃は自分も意識していたのか髪型も似せていて、社内では有名でした。
まあ、今も風貌は似てますが、優香さんも妻も、それぞれ別の方向に育ったかもしれません。

<性格>
性格的には、ズバリ、いわゆる「癒し系」です。
優しく思いやりがあり、ストレスの多い会社では天使のような存在でした。

また、単に優しいというわけではなく、
体育会系でマネージャーをやっていたとのことで、
戦う男を支えて、細かい面倒を見たり、苦労するのは好きなようです。

やや、「M」なところもあるのか、強く命令されたり、無理を言われて、それに従うのが実は好きなようです。
昔の思い出を聞いても、相当な無茶を言われたのを、なんとか実現したことが記憶に残っているようです。
どうも、無茶なことを言う男のほうが「男らしさ」があり、それを助けられることが「女らしさ」だと思っているようです。

ちなみに、私は無茶など言わない、優しい男なのですが、妻はやや不満のようです。

たとえば、食事に行くときも、私が「何を食べたい?」と聞くのを嫌がります。
男だったら、「俺はラーメンを食う。お前も付いて来い」、と言う方が男らしいわけです。
妻は、そう言われて、「ハイッ」と言って付き従うのがうれしいのだそうです。

一緒の会社にいるときも、
私は、「この仕事、やってくれるかな。残業できないようならいいんだ。できたら頼むよ」
といった言い方で、あまり好まれませんでした。

当時の上司は、「おい、これをやっておけ。俺は呑みに行くから明日の朝までに終わらせろ」
みたいな無理を言う男でしたが、
彼女は、そう命じられると、自分が信用されている、責任があると思い、徹夜してでもやってしまいます。

何で私と結婚してくれたのか、よくわからないのですが、
妻に言わせると、「それでも、優しい人も好きだから」といっていました。(ノロケ?)

<性器>
特徴としては、毛が薄いです。
腋毛はほとんど処理不要で、うっすら産毛が生えるだけ。
陰毛は、恥丘の周囲の狭い範囲にまばらにあるだけです。
どれくらいかというと、お寿司2カンを並べておけば、まったく毛が見えなくなるくらいですね。

ほとんどパイパンに近い感じですが、妻は毛が薄いことにコンプレックスがあるようで、なんとか濃くしたがっています。
(温泉にいくと、恥ずかしいというのです)
へんなことにコンプレックスがあるものです。

膣孔の位置は、やや下付きですね。
妻が脚を伸ばすと、正面からは入れにくくなり、入っても浅い感じです。
逆に、脚を肩に担いで屈曲させたり、這わせたりすると、いい具合に根元まで入ります。

締まりは、とても良い方じゃないでしょうか。
マネージャーでしたが体育会系だけあって、運動は好きなほうなので、身体が柔軟で筋力もあります。
締め付け方や、腰のくねらせ方も、上手なほうと思います。

<夫婦の性交>
上でも書きましたが、
子供は、もう1,2年先でないと、経済的に厳しい気がしています。

しかし、妻は今がまさに孕み頃で、本人も子供が欲しいようです。
公園で子供が遊んでいたり、スーパーマーケットでベビーバギーに乗った赤ちゃんがいると、つい視線が行くようです。

そういう微妙な空気もあって、
避妊は、あえてほとんどしていません。

セックスの時コンドームをかぶせていると、妻は少し悲しそうな、やや白けたような表情を見せるのです。
(もう少し、生活力があれば…)(「苦労してでも産んでくれ」と言えないの?…)
という表情に見えます。

だから、こちらも覚悟を決めて、生で挿入すると、とてもうれしそうにしがみついてくるのです。

しかし、たいてい最後は、私の覚悟がゆらいで抜いてしまい、フィニッシュはほとんど妻の口の中です。
いちおう、避妊のためではなく、「飲んでもらうのが好きだから」、ということにしています。
(まあ、実際好きですが)

妻も、(上でも書きましたが)、
「口に出していい?」「飲んでくれる?」みたいな言い方は嫌いですが、
もっとふてぶてしく、
「出すぞ。口、開けて。」「ん…、吸って…。よし。飲んで」、と命令形で言われると、素直に従います。
そういう命令を、横柄に言われることは、好きなようです。

<夫以外との性交経験>

このへんは、次回に続きを書きます。
(そろそろ妻が美容院から帰ってきそうなので。)

読み直してみると、やや褒めすぎかもしれません。
しかし、私には釣り合わないほど、素敵な妻であることは確かです。


「口説かれている」と思う理由
妻が口説かれています、と書きましたが、かんじんの内容を書いていませんでした。

妻と上司や、会社の男達が携帯で私用のメールを交わしていることは報告の通りです。

問題はその内容です。
特に上司からのメールが怪しいのです。

「君と話していると気持ちが落ち着くよ」
「癒されるね」
といった、従順で穏やかな性格の妻を褒める言葉が多いです。

「今日のブラウス、シックな色合いがいいね」
「靴、新しいのにしたんだね。高そう!」
「スーツも似合うけど、ジーンズも可愛いね」
たいてい、会社が始まってすぐのところで、妻の服装についての評価が送られます。
こういうのは、セクハラすれすれなのでは、と思いますが。

こういったメールに、妻は素直に、
「ありがとうございます」
「こういう色はお好きですか?」
「時間が無くて、汚い格好で来てしまいました」
などと、調子を合わせています。

逆に、厳しい内容のメールもあります。
上司は、お天気屋というか、気分の上下が激しいようです。
(接待らしいのですが)
「今夜のセッティングは最悪だよ。もっとマシな店は探せなかったの?」
「料理が出るのは遅いし、隣はうるさいし、冗談じゃないよ」

そんなことを言うなら、自分で店を選べよ、と思うのですが、
妻は、
「申し訳ございません。私の不注意でご迷惑をかけてしまい」
と、ひたすら低姿勢で謝っているようです。

また、直接の誘いも良くあるようです。
「今晩、食事でもどう?」
という単刀直入のものから、
「接待する店の下見に行くから、君も来たまえ」
という業務命令まであるようです。

あるいは、むしろ妻に甘えて、
「今日の役員会はひどかったよ。専務の野郎、機嫌悪くってさ。ハゲ頭赤くして怒ってて」
「役員会のときは先に帰らないでくれるかな。資料整理とかあるし」

妻は、
「すみません。今度から必ずお待ちするようにいたします」
上司からは、急に機嫌が良くなって、
「役員会後に君がいてくれると、ほっとするんだよ」
「お礼に毎回晩飯おごるから、行きたい店でも選びながら待っていてくれ」

資料整理じゃないのかよ!

とまあ、こんな感じです。

私の目から見ると、この上司、どうにかして可愛い秘書を自分の意のままにしようと思っている用に見えます。

会社員として私物化する以外に、プライベートでも従属させて、思う存分楽しもうとしているのではないでしょうか?

妻も、従順で押しに弱く、強く言われると逆らえず、流されてしまうところがあるのです。
とても心配です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。